体に疲れを溜めたくないなら運動後マッサージがとても大事

ぴったりのものを選ぶ

眠る人

理想の枕は高さと素材によってある程度決まってきます。既製品で選ぶときには、実際に試してみて判断をすることが必要です。できれば、オーダーメイドで作ってもらうことによって、頭の形などに合わせて作ってもらえるので、より快適に睡眠をとることができます。

もっと読む

ホルモンを増加させる方法

女の人

女性ホルモンを増やすには冷え性対策をしたり、腹式呼吸をする習慣を身につけることが重要です。また、睡眠時間もしっかりと取ったり、午後22時以降は就寝するようにしましょう。就寝前にはきちんと寝られるように対策することも重要です。

もっと読む

運動後にもマッサージ

マッサージ

疲労を身体に溜めない

多くの人は運動前にストレッチなどで身体全体をほぐしてから、運動を始めます。しかし、疲労を身体に蓄積させず、怪我を予防するためには、運動前だけでなく運動後にも身体をほぐすことが大切です。運動をした後は、筋肉が緊張して収縮している状態となっており、疲労物質も出ています。この疲労物質を身体に停滞させないために効果的なのが運動後マッサージです。しかし、凝り固まった筋肉を柔らかくしようと力強くマッサージすると逆効果になってしまう場合があるので注意が必要です。痛みを感じるほどの強いマッサージは、筋肉をより一層硬くしてしまう可能性があります。収縮した筋肉をほぐして血液の流れをよくするように運動後マッサージをすることが重要です。

運動後の習慣に

運動後は筋肉が収縮して血液の流れが悪くなっている状態です。運動後マッサージをすることによって、収縮した筋肉を伸ばして血流やリンパの流れをよくすることができます。血液の流れが改善すると、酸素や栄養などが身体に十分に行き渡るようになるので、運動後の身体の回復を促すことができます。運動をした後に筋肉痛になってからでは遅いので、運動後のクールダウンのストレッチなどと併せてマッサージを行うと効果的です。運動後の疲労物質が溜まっている状態でマッサージを行って、身体全体の血流を良くすることで、後に発生する筋肉痛を和らげることもできます。運動後マッサージは快適にスポーツを行うためにも習慣付けておきたいマッサージです。

免疫をあげて病気知らず

入浴

身体を芯から温めることによって、体内の血の巡りをスムーズにさせることにより、健康を下支えしてくれたり、体重を減少させることのできる温活。温活を習慣づけて暮らしに取りいれてみることによって、健康が気がかりな方にとっても、有益なものとなります。

もっと読む