ホルモンを増加させる方法|体に疲れを溜めたくないなら運動後マッサージがとても大事

体に疲れを溜めたくないなら運動後マッサージがとても大事

ホルモンを増加させる方法

女の人

女性ホルモンを増やすにはいろいろな方法があります。その1つとして冷え性対策をしっかりとすることです。たとえば、夏場になると部屋のクーラーを低い温度に設定して注意することも大切です。あるいは、身体をよく温めることも重要です。さらに、腹式呼吸をする習慣を身につけることができれば女性ホルモンを増やせます。女性ホルモンを合成する酵素はミトコンドリアの中にあり、呼吸が浅ければ十分な酵素がミトコンドリアに到達しないのです。そのため、腹式呼吸をすると細胞の中のミトコンドリアが呼吸困難にならなくなり、ホルモンが増加するようになります。こうして、女性ホルモンを増やすことができればバストアップもインナーマッスルにも効果があります。

女性ホルモンを増やすには睡眠を取ることも大切です。睡眠はただ疲れを取るだけのものではありません。睡眠中にストレスや細胞の修復などにも効果があります。そのため、十分に睡眠時間を確保する必要があります。理想的な時間としては7時間から8時間です。また、午後22時から午前2時までが睡眠のゴールデンタイムと言われて、この時間帯に寝ることが重要です。さらに、就寝する1時間前にはできるだけリラックスするようにします。スマホやパソコンなどを見続けると脳に強い刺激を与えてしまい、ぐっすりと寝ることができません。したがって、就寝前にもきちんと眠ることができるように対策しましょう。女性ホルモンを増やすには、このように睡眠も大切です。